あかパンダブログ

福島県に住む新社会人(2020年現在)。人生のブログ化を目標にライフスタイルブログを運営しています。

【TORY LEATHER】一瞬でベルトが外せるファイヤーマンベルト

今回ブログで紹介するのは、アメリカの老舗『TORY LEATHER』のファイヤーマンベルトです。

 

みなさん、ベルトにこだわりってありますか?

毎日身につけるものなのに、私はこれまで全然興味がありませんでした。

でもそんな私の考えを変えてしまうベルトに出会いました。

 

TORY LEATHER ファイヤーマンベルト 

f:id:andrewndgt:20180528115614j:plain

「TORY LEATHER」は私の好きなYoutuberであるハズムさんが同ブランドのフックバックルベルトを紹介していたことで興味を持ったブランドです。

 

もともと馬具を作っていたブランドだそうで、その堅牢さは折り紙付き。

素材も”イングリッシュブライドルレザー””真鍮”を使っていて、経年変化を楽しめます。

 

長く使えることと、バックルの特徴的なデザインに惹かれて購入してしまいました。

今回はZOZOTOWNのセールで安くなっているものをたまたま見つけました。

本来は約1万円ですが、その半額ほどで購入!

 

特徴的なバックルがポイントです

f:id:andrewndgt:20180528121056j:plain

なにがいいってこのバックルの構造。

ただ見た目が変わってるだけじゃないんですよ。

バックルが・・・・

 

f:id:andrewndgt:20180528121234j:plain

パッカーンします!!パッカーン!!

このおかげで簡単にベルトを脱着できるんです。

 

ワンタッチでベルトが外せます

f:id:andrewndgt:20180528121336j:plain

この部分を上に押し上げてやります。

 

f:id:andrewndgt:20180528121422j:plain

穴にはまっているだけですが、横方向から力がかかっている限りベルトが外れることはありません。

しかし、上方向に力をかけると簡単にバックルが外れます。

 

あとはバックルを挟んでベルトの左右を手で持ち引くだけでベルトが外せるというわけ!

 

f:id:andrewndgt:20180528121641j:plain

本当に一瞬でベルトが外せてしまいます。

いきなり不二子ちゃんが現れても安心ですね。

 

この構造は、もともとイギリスの消防士の消火用ホースの金具に使われていたそうです。

だからその構造を採用したこのベルトはファイヤーマンベルトっていうんですね。

 

レザーアイテムなので、大切に長く使うことができます。

経年変化の様子もこのブログを通して報告することができたらなって思います。

 

ファイヤーマンベルトはどこで買えるの?

このファイヤーマンベルトを販売しているお店を調べてみたんですが、見つけることができず・・・

一応、TORY LEATHERのベルトのリンクを貼っておきます。

 

 

 

それから、私がTORY LEATHERを知るきっかけになったハズムさんの動画のリンクも貼っておきました。

フックバックルベルトも欲しいな・・・

www.youtube.com

 

 

今回はベルトについて紹介しましたが、このブログではファッションアイテムやグルメなど様々なコンテンツの発信を行なっています。

よかったら他のブログもご覧になってみてくださいね。

www.redpandablog.work

www.redpandablog.work