あかパンダブログ

福島県に住む新社会人(2019年現在)。人生のブログ化を目標にブログを執筆中。しかしその実態は趣味にうつつを抜かしまくるダメリーマン!!

シート高が低い順に現行125ccバイクをまとめてみた【2019年11月更新】

125cc、原付二種とも呼ばれるそれの特徴は、何をとってもちょうど良いところ。

それ以上のクラスの車体と比べれば、車体価格も維持費も大きさも手頃。

「バイクは原付二種に始まり原付二種に終わる」なんて話を聞いたこともあるくらいです。

 

そんな125ccのバイクの中でも現行で購入できるモデルをシート高に重きを置いてまとめてみました。

 

 

なぜ125cc?シート高?

まずなぜ125ccのバイクを紹介するのか、そしてシート高に重きを置くのかです。

私の彼女がバイクに興味を持ちまして。

 

でも身長の関係で、あまり大きなバイクは厳しそうなのです。

足つきの良い、取り回しの楽なバイクとなるとやっぱり125ccかなと。

 

さて、それでは早速シート高が低い順に現行の125ccバイクを紹介したいと思います。

現行のとはいいますが、全てのメーカーは厳しいので、日本でも気軽に買えるようなメーカーに限定して調べてみました。

足つきを重視するので、とりあえずオフ車はなしでいきます!

 

 

第1位 760mm HONDA グロム

https://www.bikebros.co.jp/vb_img/eimpre/img/539/main.jpg

出典https://www.bikebros.co.jp/vb_img/eimpre/img/539/main.jpg

 

第1位はHONDAのグロム!ダントツのシート高の低さでした。

価格は357,500円とのこと。国産の125ccバイクの中では標準的な価格でしょうか。

燃費は62.7Km/Lと優れています。経済性もバッチリ。

ツイッターなんかをみていると、カスタムのベースとしてもよく使われているようですし、パワースライドをしている猛者もいました。

 足つきが760mm、重さも乾燥重量で104キロと軽いので取り回しは楽なのではないでしょうか。

HONDA製ということもあって、手に入れやすいのもGOOD!!

 

 

第2位 780mm HONDA モンキー125

https://www.bikebros.co.jp/vb_img/photo/topics/20190726/08.jpg

出典https://www.bikebros.co.jp/vb_img/photo/topics/20190726/08.jpg

 

第2位もHONDAよりランクイン。モンキー125です。

一番低いと思っていたので意外。グロムと比べると20mm車体が高いことになります。

価格は407,000円と少々お高いですが、燃費は71.0Km/Lとグロムを凌ぐ数値です。

以前HONDAで話を伺った時にはノーマルではシート高がグロムより高いものの、社外品で低いシートも出回っているようです。

装備重量で105キロと軽い車体と相まって、十分に乗りやすいバイクだと思います。

それから何よりカッコかわいい見た目が好みです。

カスタムはもちろんセカンドバイクとして所有する方も多いみたいですね。

 

 

第3位 780mm KAWASAKI Z125PRO

https://news.webike.net/wp-content/uploads/2017/07/20170630_Z125_1.jpg

出典https://news.webike.net/wp-content/uploads/2017/07/20170630_Z125_1.jpg

 

3位はKAWASAKIよりZ125PROです!

シート高は780mm。車重は102キロと意外にも軽いので十分乗りやすいバイクと言えると思います。

値段は352,000円。燃費は50Km/Lと経済性はまずまず。

しかし125ccとは思えない豪華な装備は非常に魅力的。

何速に入っているかわかるギアインジケーター。前後のディスクブレーキに倒立フォークと値段に見合わぬ豪華さ。

 

 

第4位 785mm SUZUKI GSX-R125

https://www.bikebros.co.jp/vb_img/eimpre/img/587/kumi01.jpg

出典https://www.bikebros.co.jp/vb_img/eimpre/img/587/kumi01.jpg

 

 ここにきてSUZUKIが登場。そして初のフルカウルバイクです。

値段は40万を切る393,800円。燃費は48.2Km/L。

シート高は785mm、重量が134キロと重量は軽いものの250ccクラスとシート高は変わらない印象。

 

 

第4位 785mm SUZUKI GSX-S125

https://moto.webike.net/moto_report/wp-content/uploads/2017/12/20171212_gsxs125_3.jpg

出典https://moto.webike.net/moto_report/wp-content/uploads/2017/12/20171212_gsxs125_3.jpg

 

同率4位はまたもやSUZUKIよりGSX-S125。

それもそのはず。先ほど紹介したGSX-R125のストリートファイターバージョンとも呼べるのがこのR125です。

燃費も変わらず48.2Km/L。値段は若干安い360,800円です。

車重は133キロ。フルカウルモデルのR125とは1キロしか変わりません。

どちらにするかは完全に好みの問題でしょう。

 

第5位 815mm HONDA CB125R

https://www.bikebros.co.jp/vb_img/guide/img/honda/124/main.jpg

出典https://www.bikebros.co.jp/vb_img/guide/img/honda/124/main.jpg

 

HONDAよりCB125Rが第5位にランクイン。

スリムな車体ですが、シート高は815mmと足つきが良いとは言えないでしょう。

それでも127キロと軽量な車体は取り回しは楽なはずです。

値段は456500円。燃費は53Km/Lです。

大きな車体で、CB250Rと見分けるのが難しいくらい。

むしろ125ccとは思えない車格です。

 

 

第6位 830mm KTM 125DUKE

https://www.bikebros.co.jp/vb_img/eimpre/img/555/kumi01.jpg

出典https://www.bikebros.co.jp/vb_img/eimpre/img/555/kumi01.jpg

 

第6位はKTMより125DUKE。

ここにきて初の外車。オーストリアのメーカーKTM製です。

価格は約502,600円。燃費は 41.3Km/Lとのこと。

車重は137キロで、シート高は830mm。

車体は250DUKEと基本的には共通だそうです。

こちらもCB125Rと同じく、125ccとは思えない大きさの車格のバイクです。