あかパンダブログ

福島県に住む新社会人(2019年現在)。人生のブログ化を目標にブログを執筆中。しかしその実態は趣味にうつつを抜かしまくるダメリーマン!!

8ヶ月履いたケンフォードのプレーントゥを靴磨きする

今年の4月から社会人になってはや8ヶ月。

社会人生活を支えてくれたのがこの3足の靴でした。

今回はこの3足を久しぶりに靴磨き。

真ん中の靴「ケンフォード」のプレーントゥを8ヶ月履いた様子を見つつ靴磨きをしていきます。

 

 

8ヶ月戦い続けた靴たち

f:id:andrewndgt:20191129223707j:image

左から「テクシーリュクスのプレーントゥ」「ケンフォードのプレーントゥ」「ケンフォードのUチップ」です。

3足をローテーションで履くようにしていたので、履いた回数はほとんど変わらないと思います。

どれも高い革靴ではないですが、結構長持ちしてくれていると思います。

 

 

 

8ヶ月経ったケンフォードのプレーントゥ

f:id:andrewndgt:20191129223735j:image

最後にケアをしたのは1ヶ月以上前だと思います。

結構きちゃない。

 

f:id:andrewndgt:20191129223713j:image

トゥの部分ですが、先端部分には傷がついています。

それに履きジワも深くなっています。

ちなみに履いてから1ヶ月のレビューもあるので比べても面白いかも

www.redpandablog.work

 

 

 

f:id:andrewndgt:20191129223717j:image

靴の背の部分ですが、脱ぎ履きの際に靴下とよく干渉することもあって色が薄くなっています。

この部分は補色してあげないといけませんね。

革靴がこんな風になったのは初めてです。

反省が必要ですね・・・

 

 

ここからはケアを施していきます!

ブラッシングでホコリを落としていきます

f:id:andrewndgt:20191129223742j:image

まずはブラッシングでホコリを落とす!

本当はこまめにホコリを落とすべきです。

ホコリは靴の油を吸ってしまうので、靴の栄養が奪われてしまいます。

履いた後にはホコリを落としてあげることを習慣にすると、ケアの頻度も少なくなります。

 

f:id:andrewndgt:20191129223728j:image

ブラッシングを施した靴がこちら。写真の右側がケンフォードです。

これだけでも結構綺麗に見えるでしょう?

 

 

レザーローションで汚れ落とし&栄養補充

f:id:andrewndgt:20191129223656j:image

このブログの靴のケアでよく出てくるのがこのローション。

靴の汚れ落とし・カビ止め・保革がこれ一本で可能!

化粧品で例えるならオールインワンみたいな感じ?

 

f:id:andrewndgt:20191129223725j:image

これを布に取って拭き上げていきます。

お手軽でございます。

 

f:id:andrewndgt:20191129223722j:image

レザーローションで拭き上げた後がこちら。

個別で写真を取っていなかったのでこの写真でご勘弁を。

中央が「ケンフォードのプレーントゥ」です。

 

革に栄養を!デリケートクリーム

f:id:andrewndgt:20191129223659j:image

ブートブラックシルバーラインのデリケートクリーム。

これで革に栄養を与えていきます。

それと同時に、結構光るようになるんですよねコレ。

 

f:id:andrewndgt:20191129223710j:image

また例によって三足まとめての写真です。

レザーローションよりもさらに光が増しています。

 

 

黒を補色!シュークリーム!

f:id:andrewndgt:20191129223739j:image

靴の背の部分に補色が必要だったので、ブラックのシュークリームで補色をしていきます。

いい機会なので、靴全体になってしまうことにします。

あとは余分なクリームを布で拭って、再度ブラッシングをしてケアは終了!

 

 

ケンフォードのケアが終わりました!

f:id:andrewndgt:20191129223732j:image

全体的にツヤが戻りましたし、汚れはもちろん取れました!

綺麗な靴は履くとテンションも上がります!

 

f:id:andrewndgt:20191129223702j:image

靴の背の部分も綺麗になりました。

色はあせていた部分も補色したおかげで目立たなくなりました。

少し放置しすぎたので…これからももう少しまめにメンテナンスをしなくては。