あかパンダブログ

福島県に住む新社会人(2020年現在)。人生のブログ化を目標にライフスタイルブログを運営しています。

【SHOZO 白河】白河のSHOZO Cafeで贅沢な時間を過ごしたので報告します

那須塩原のかつて黒磯と呼ばれた場所にある”SHOZO COFEE ”

カフェの聖地とも呼ばれるそのカフェが、福島県白河市にもできたのです。

今回は白河市の”小峰城”を訪れた後に立ち寄りました。

 

 

 SHOZO SHIRAKAWA

f:id:andrewndgt:20200111201728j:image

www.shozo.co.jp

SHOZO SHIRAKAWAの看板。

ゾウさんが書いてあります。

 

 

f:id:andrewndgt:20200111201740j:image

外観はこんな感じ。

店の前には駐車場があります。

でもどこもいっぱい。

しばらく待ってから止めました。

SHOZO CAFEは大人気です。

 

 

f:id:andrewndgt:20200111201839j:image

季節によって営業時間が変わるみたいですが、2020年1月11日の今日の営業時間は10:00〜16:00でした。

 

 

 

店内へ。でも結構並んでいました。何分待ちだろう・・・

f:id:andrewndgt:20200111201752j:image

いよいよ店内へ。

店の外からでも並んでいる方がいるのがわかります。

ど、どれくらい待つんだろう…

 

 

f:id:andrewndgt:20200111201822j:image

待っているのは私たちの前に3組。

結構いるなーなんて思ってたんですが、これでも少ないみたいです。

幸い15分くらい待って席につくことができました。

 

席を確保してから注文にレジに行くスタイルです。

並んでいたのは店内で飲食するための列。

持ち帰りで注文する場合には、そんなに待つことなく商品を受け取ることができます。

 

 

 

メニュー表と変わった席と開放的な店内

f:id:andrewndgt:20200111201835j:image

こちらメニュー表。

案内された席に置いてありました。

ちょっと高っ…って思っちゃいました。

でも考えてみればスタバと同じくらい。

 

 

f:id:andrewndgt:20200111201814j:image

ちなみに案内された席はこんな席です。

L字型になっている少し変わった席。

 

席の上に置いてあるマグカップ形の札が席番号になっています。

これを持ってレジで注文・お会計を済ませると席に注文の品が運ばれてくるというわけです。

 

 

f:id:andrewndgt:20200111201756j:image

 席からは湖が見えます。

でも残念。時期が悪かったのか、湖の水が冷え上がってしまっていました。

時期が違ったらもっと綺麗だったろうな。

 

 

 

席に用意された本「ゆっくりしていってね」ってことかな?

f:id:andrewndgt:20200111201802j:image

 席によるんですが、本が読めるように置いてありました。

なんだか「ゆっくりしていってね」と言われているみたいで嬉しかったです。

 

 

f:id:andrewndgt:20200111201731j:image

本のない席もありましたが、室内に何箇所か本が置いてあるスペースがありました。

気になる本を片手に、ゆっくりとくつろぐのが良さそうです。

 

 

f:id:andrewndgt:20200111201744j:image

 室内の照明は、暗すぎず明るすぎずです。

外からの光が多く差し込むので開放的な空間です。



 

注文の品が運ばれてきました

f:id:andrewndgt:20200111201825j:image

注文しか品々が運ばれてきました。

注文したのは、

・深入りカフェラテ(青いマグカップ)

・浅煎りカフェラテ(白いマグカップ)

・シフォンケーキ

・ シュガードーナツ

 

 

浅煎りカフェラテ

f:id:andrewndgt:20200111201842j:image

運ばれてきたカフェラテにはラテアートが施してありました。

多分、花の形を模したRosetta(ロゼッタ)だと思います。

浅煎りなので苦味がなくスッと入ってきます。

後味にはコクと甘み。

コーヒーの苦味が苦手な人でも美味しく飲めると思います。

 

 

深煎りカフェラテ

f:id:andrewndgt:20200111201800j:image

綺麗!ロゼッタは”深入りカフェラテ”の方が形はしっかりしていますね。

こちらは深煎りなので苦味はちょっと強いです。

でもコクが深い。苦味が心地いいです。

コク深いラテのクリーム部分に苦味が抱かれています。

これ本当に美味しいなぁ。

コーヒーの苦味が苦手だったのに、いつしか苦味を楽しむ余裕が出ています。

 

 

シフォンケーキ

f:id:andrewndgt:20200111201734j:image

こちら、”シフォンケーキ”です。

そういえば”シフォン”ってなんのことか知ってます?

”シフォン”=”薄い絹織物”なんだそうです。

その言葉の通り、柔らかくてキメの細かい食感。

ケーキとクリームは甘さ控えめ。

しかし、赤いソース(ラズベリーソースだと思う)が甘くて、合わせて食べると実に美味しい。

計算された美味しさです。

 

 

シュガードーナツ

f:id:andrewndgt:20200111201828j:image

次はシュガードーナツ。

外はカリっと、中はモチっと。

ドーナツのセオリーに従って作られた王道中の王道のドーナツ。

コーヒーに合わないわけがない。

 

 

https://img.cinematoday.jp/a/N0102144/_size_640x/_v_1531247531/main.jpg

https://img.cinematoday.jp/a/N0102144/_size_640x/_v_1531247531/main.jpgより

ハリウッド版ゴジラに出演している、フランスの名優”ジャン・レノ”のとあるシーンが秋に入りで、”コーヒーとドーナツ”の組み合わせが好きになりました。

そのシーンというのが、「部下にクロワッサンとドーナツを頼んだのに、ドーナツを買ってきてジャン・レノがキレる」というシーンなんですが、なんとも言えない風情がありまして笑

 

 

f:id:andrewndgt:20200111201849j:image

そのシーン以来、コーヒーとドーナツを組み合わせるのが好きです。

 

 単純ですね笑

でも映画好きなのでしゃーないっす。

 

 

帰ります。落ち着いた空間でまったりとできました

f:id:andrewndgt:20200111201819j:image

うるさいお客さんもなく、程よく静かで落ち着きました。

みんなこの空間を楽しみに来ているんでしょうね。

だから誰もこの空間を壊そうとしないんだと思います。

 


f:id:andrewndgt:20200111201832j:image

価値のある空間でした。

来てよかった。 

 

 

 

まとめ:【SHOZO SHIRAKAWA】価値のある空間で美味しいコーヒーに舌鼓 

www.redpandablog.work

”SHOZO SHIRAKAWA”カフェに訪れて再認識したのは、”空間そのものに価値があるよな”ということ。

私が好きな郡山の”開成館”もそうなんですが、雰囲気が最高なんです。

美味しい料理・美味しいコーヒーだけじゃカフェにまた来たいという大きな価値は生まれないと思うんです。

雰囲気というと雑ですが、内装・明るさ・BGM・食器といろんなものが組み合わさってカフェの個性になっているんだと思います。

いやぁ、価値のある空間で価値のある時間を過ごせました。

 

 

おまけです

f:id:andrewndgt:20200111201747j:image

 外にはテラス席があります。

1月にこの席を利用するのは強者でしょうが、きっと暖かい季節なら湖が見えて最高でしょうね。

 

f:id:andrewndgt:20200111201846j:image

 16時でオーダーはストップですが、店内には焼菓子やチョコレートなどが売られていました。

美味しそうだったので、オーダーには間に合わなくても寄ってみる価値はありだと思います。

 

 

 

 ここを訪れる前には、同じ白河の”小峰城”を訪れていました。

白河デートを時系列順に並べたまとめ記事です。

よろしければ以下のリンクからどうぞ。

www.redpandablog.work

 

 

 他にもカフェの記事はたくさん。

よかったら読んでみてくださいね。

www.redpandablog.work

www.redpandablog.work