あかパンダブログ

福島県に住む新社会人(2019年現在)。人生のブログ化を目標にブログを執筆中。しかしその実態は趣味にうつつを抜かしまくるダメリーマン!!

[XR持ち必見!]iOS13をiPhoneXRに早速入れてみました。

2019年9月20日に公開されたiOS13。

この日は新型iPhoneの発売日でした。

 

私が使っているのはiPhoneXR。

新型が発売になったとはいえ、まだまだ現役です。

 

f:id:andrewndgt:20190921204324p:plain

https://www.apple.com/jp/ios/ios-13/より

今回は私のiPhoneXRにiOS13を導入してみました。

 

 

iOS13の機能について

www.apple.com

大幅なアップデートだったため、ここに全てを書くことは叶いません笑

ただ、個人的に大きなアップデートだと思った点は以下の3つです。

 

1. ダークモードの搭載

今回からダークモードが搭載されます。最近ではTwitterなどにも採用されていますし、Macでは以前から搭載されていたそうです。従来の画面とは違うシックな雰囲気になりますし、有機EL採用のiPhoneの場合バッテリーの節約にもなるとか。残念ながらXRにはこの恩恵は当てはまらなそうですがね笑

 

2. 写真、動画の編集機能の強化

私が一番期待しているのがこれです。写真、動画の編集機能の強化です。今まで、写真の編集機能ではだいぶお世話になっていました。そのユーザビリティの強化と、さらに動画の編集まである程度可能になるというのです。

 

3.Haptic Touchの強化

Haptic TouchとはiPhoneXRから搭載が始まったもので、従来では3D Touchとして割り振られていた機能を、画面の長押しなどで使えるようになるものです。実は今回のOSの更新に合わせて発売されたiPhone11では3D Touchが廃止されているのです。OSの更新でどう使い心地が変わるのか楽しみです。

 

 

それでは早速、OSの更新を始めます。

 

OSの更新

OSの更新には思ったよりも時間がかかりました。

1時間もあれば終わるだろうと思っていた更新ですが、画面に最初に表示されたのは6時間の文字。

う、嘘だろう!?

なんて思っていたんですが、実際にはそんなに時間はかからず、2時間ほどで更新は完了しました。

Appleさんたら焦らすんだから全く笑

 

それでは早速iOS13がどうなったか見ていきますよ。

 

 

ダークモードについて

f:id:andrewndgt:20190921193402p:plain
f:id:andrewndgt:20190921193414p:plain

向かって右がダークモード。一見するとわかりにくい

ダークモードにしてみたものの、パッと見ではその違いがわかりませんよね。

アプリをが入っているフォルダに注目。

右側がダークモードを適用した時のホーム画面ですが、アイコンの色が黒っぽくなっているのがわかるかと思います。

ホーム画面は思っていたよりも変化が少なかったというのが率直な印象です。

 

 

f:id:andrewndgt:20190921193354j:plain
f:id:andrewndgt:20190921193406j:plain

「設定」アプリを開いた状態。

一方、設定画面などではその変化は大きいです。右側がダークモード。

画面が黒いのですぐにわかりますね。

Safariの画面などにも若干ダークモードは適用されますが、やはりそんなに効果は大きくない印象でした。

 

 

写真・動画の編集機能の強化

Haptic Touchが大活躍

f:id:andrewndgt:20190921193431p:image

まず、写真の表示画面が若干変更になったことをお伝えせねばなりますまい。

しかし、そんなことは些細な問題でしかありません。

 

なんと、ここでHaptic Touchが素晴らしい活躍を見せてくれました。

 

 

f:id:andrewndgt:20190921193419p:image

写真を長押しすると・・・

写真アプリ内で写真を長押しすると、こんな画面に。

今までXRでは3D Touchが廃止されていたこともあり、写真をいちいち拡大しなければ確認できない煩わしさがありました。

しかし、新しいiOSでは写真を長押しすることで写真が拡大表示されるのです。

これは地味ですが便利。

特に私はブログを書く際にたくさん写真を撮るので、同じような写真が多くなってしまうんですよね。

本当にありがたい機能です。

 

 

写真・動画の編集機能について

写真の編集

f:id:andrewndgt:20190921193504p:image

写真の編集画面がこちら。まず、編集画面が一新されました。

 

 

f:id:andrewndgt:20190921193441p:image

露出や彩度といった項目を調整できるのは従来から変更なし。

しかし、編集する項目をスワイプで変更し調節できるようになりました。

こればっかりは触ってみてもらわないとうまく説明できないんですが、少なくとも今までと同じく直感的に、しかも違和感なく操作ができます。

 

 

f:id:andrewndgt:20190921193451p:image

さて、追加された機能もあります。

それがこちら。グリットの画面はこれまでもありましたが、写真を横から覗き込むような形や上から覗き見るような形になるよう編集ができます。

いまいち使いどころはわからないものの、面白い。

 

ビデオの編集

f:id:andrewndgt:20190921193409p:image

ビデオの編集ですが、こちらはぶっちゃけ感動ものです。

機能、操作性。全てが最高です。

 

f:id:andrewndgt:20190921193513p:image

まず、動画でも露出や彩度と調整できるようになりました。

操作性もGOOD。写真と同じだからね!

 

f:id:andrewndgt:20190921193424p:image

さらにフィルターまで。種類も豊富です。

 

f:id:andrewndgt:20190921193458p:image

さらに、先ほどの写真のように、横から覗き込んだような形や、上から覗き込んだような形にもビデオを編集可能です。

こちらももちろん、使い道はわかりませんが・・・

無知な私に使い道をご存知の方は教えてください。

 

 

Haptic Touchの強化

Haptic Touchはホーム画面でも力を発揮してくれます。

先ほどの写真の場面でも十分進化を感じたんですがね。

f:id:andrewndgt:20190921193436p:image

ホーム画面でアプリを長押し(Haptic Touch)すると、こんな画面に。

アプリを開くことなく、ある程度の操作ができてしまいます。

 

f:id:andrewndgt:20190921193357p:image

「写真」アプリをHaptic Touch

ただ、これはアプリによって機能が異なる様子。

いろんなアプリをHaptic Touchしてみてください。

 

まとめ

iPhone11の発売と同時のOSの更新だったので、XRでは動作がどうなるのか心配だったのですが、全くそんなことはありませんでした。

動作は軽く、今まで3D Touchがなかったため不便だった面も改良されていました。

これはXRを使っている方にはぜひとも、今すぐに更新をしてほしい!そう感じるアップデートでした。

 

今回は紹介していませんでしたが、バッテリーの寿命を延ばす機能や、音楽を複数のワイヤレス端末で同時に聞くことができる機能など、多くの新機能が追加されています。

 

「これができたら便利なのに」を叶える、痒いところに手が届くそんなアップデートが多かった印象です。

皆さんもiOS13でさらに楽しいApple lifeを!

以上、「iOS13をiPhoneXRに早速入れてみました。」でした。