あかパンダブログ

福島県に住む新社会人(2019年現在)。人生のブログ化を目標にブログを執筆中。しかしその実態は趣味にうつつを抜かしまくるダメリーマン!!

グーグルアドセンスの『広告掲載率のテスト』ってなに?アドセンス初心者が解説します‼

グーグルアドセンスを使用していて、『広告掲載率のテスト』という項目を見たことはありませんか?

 

広告掲載率?一体なんなんだろう、下手にいじってアドセンスが変な設定になったらどうしよう?

 

大丈夫。グーグルアドセンスで毎日5円くらいは稼いでいる私が解説しましょう。

日銭は微々たる額ですから・・・設定がおかしくなっても安心です(泣)

 

 

広告掲載率のテストって?

f:id:andrewndgt:20190611224659p:plain



広告掲載料に関して、グーグルアドセンスには以下のような文章があります。

成果の高い広告を重視

特に収益性の高い広告だけを表示することで、サイトでの全体的なユーザー エクスペリエンスを最小限の費用で改善できます。スライダーを使って、広告数を減らした場合に見込まれる収益の変化をご確認ください。

 

一体どういうことだ!?と思っていたんですが、アドセンス研究所さん(https://adsenselab.net/adsensecut)によれば、

 

要は「アドセンスの掲載率を下げても質の高い広告が表示されるため、結果として収益はマイナスにはならない」。

 

とのことです。

 

普通に考えれば、広告が減ればそれに伴って収益も下がりそうなものですが・・・

そんなことはないそうです‼

流石グーグル先生。

 

 

実際にグーグルアドセンスの掲載率を操作してみる

さて、ここから実践編です。

実際にグーグルアドセンスの掲載率を変更してみましょう。

 

まずはアドセンスの管理画面から『広告の設定』をクリック

次に『広告掲載率』をクリック

f:id:andrewndgt:20190611220742p:plain



すると上のような画面になると思います。

この画面が『広告掲載率』を操作する画面になります。

 

 

スライダーで広告掲載率を下げてみる

 下の画面はデフォルトの状態。

f:id:andrewndgt:20190611220633p:plain

表示中の広告の量は100%。もちろん収益の推定値も100%です。

右下のバーを操作することで広告の量を操作できます。

 

f:id:andrewndgt:20190611220649p:plain

広告の量を操作してみると、89%まで広告の量を減らしても収益は変わらないというグーグル先生の予測です。

 

f:id:andrewndgt:20190611220701p:plain

とりあえず今回は、広告の量を半分まで減少させてみることに。

報酬は今の87%程度の値になる予想です。

ただ、いきなり『適応』することはせず、画像右下の『テストを設定』を選択し経過を見ます。

 

広告掲載率のテスト

広告の表示を50%まで下げてみることにしましたが、いきなり下げるなんていう恐ろしいことは流石にしません。

ここで出てくるのが広告掲載率のテストです。

以下の画面が『テストを設定』をクリックした画面です。

f:id:andrewndgt:20190611222300p:plain

テスト名を付け、作成をクリックします。

私は『広告掲載率50%』という名前にしました。

f:id:andrewndgt:20190611223341p:plain

これでテストの準備は完了。

 

後は待つのみ!!

 掲載率を変更した後の広告収益がどう変化するか。

結果が出るのにはしばらくかかるようです。

なので今日はここまで。